プロフィール

笹井史恵 SASAI Fumie

1973
大阪府に生まれる
1996
京都市立芸術大学工芸科漆工専攻卒業
1998
京都市立芸術大学大学院美術研究科漆工専攻修了
2003-2005
タイ国立チェンマイ大学にて滞在制作(ポーラ美術振興財団、ユニオン造形文化財団在外研修助成)
現在
京都市立芸術大学准教授、京都府在住
笹井史恵

主な個展

1999
東京国際フォーラム・エキジビションスペース
2003
チェンマイ大学美術館/タイ
2004
国際交流基金バンコク、アートスペース/タイ(2004, 2005)
2006
祇をん小西/京都
シルバーシェル京橋/東京
2009
「愛しきかたち」豊田市美術館
「華-はな-」ギャラリー恵風/京都
2010
「ルドゥバイマイプリ」ギャラリーキャプション/岐阜
2013
「みのり」髙島屋美術画廊/東京、大阪、横浜
2015
「春」祇をん小西/京都
Galerie Mizen /パリ・フランス
2017
Galerie an der Pinakothek der Moderne/ミュンヘン・ドイツ
2019
「空のさかな」髙島屋美術画廊/東京、大阪、京都

主なグループ展

2006
「内なるこども」豊田市美術館
2008
「華やぎのかたち」日本橋高島屋、美術画廊X/東京
「SOFA シカゴ」Navy Pier festival Hall/シカゴ・アメリカ
2009
「笹井史恵×田嶋悦子~イン・ザ・フラワー・ガーデン」茨城県つくば美術館
「SOFA ニューヨーク」Park Avenue Armory/ニューヨーク・アメリカ
「Contemporary Japanese Lacquer」KEIKO Gallery/ボストン・アメリカ
2010
「京都府美術工芸新鋭展2010」招待出品/京都府文化博物館
「第三回国際漆芸展」招待出品/中国福建省美術館/中国
2011
「現代工芸アートフェア」東京国際フォーラム
「FLAWLESS: Contemporary Japanese Lacquer」Cavin-Morris Gallery/ニューヨーク・アメリカ
「日本の近代美術と茨城の作家たち」茨城県近代美術館
2012
「漆・うるわしの饗宴展—世界の女性作家による漆表現の現在—」京都市立芸術大学ギャラリー・アクア/山脇ギャラリー/喜多方市美術館
2013
「ワカラナイ ノ ススメ」茨城県近代美術館
「京都工芸の精華展」信州高遠美術館、ベトナム国立美術館/ハノイ、中信美術館/京都
2014
「Urushi」Yakimono Gallery/パリ・フランス
「融合する工芸—出会いがみちびく伝統のミライ」銀座和光ホール/東京
2015
「COLLECT」(2015-2019) Saatchi Gallery/ロンドン・イギリス
「漆とおばけの世界」石川県輪島漆芸美術館
「PAD London Art &Design」Berkeley Square/ロンドン・イギリス(2015, 2017)
「REVELATIONS」Grand Palais Paris/パリ・フランス
「ミュージ君とさがそう、美術のステキ」茨城県近代美術館
「うるしの造形」ギャラリー艸居/京都
2016
「Art Stage Singapore」 Marina Bay Sands/シンガポール
「タカシマヤ美術賞受賞作家選抜展」日本橋高島屋、美術画廊X/東京
「Master Piece London」(2016-2019) The Royal Hospital Chelsea London/ロンドン・イギリス
「革新の工芸 -“伝統と前衛”、そして現代 ―」東京国立近代美術館工芸館
「融合する工芸 2016―旅に出たやどかりのはなし―」大阪高島屋美術画廊
2017
「Designing Japan」フィラデルフィア美術館/アメリカ
「TRESOR」バーゼルメッセ/スイス
「乾漆展」金沢卯辰山工芸工房 本館展示室
「Hard Bodies」ミネアポリス美術館/アメリカ
「Art Miami」One Herald Plaza/アメリカ
2018
「漆の現在 2018」 日本橋三越美術画廊/東京
「融合する工芸 2018―見つけた伝統のアシタ―」銀座和光ホール/東京

受賞

1999
京都工芸美術作家協会展、第30回記念賞受賞
2014
京都市芸術新人賞受賞
2015
京都府文化賞奨励賞受賞
タカシマヤ美術賞受賞

コミッションワーク

  • ザ・リッツ・カールトン京都、JALダイヤモンド・プレミアラウンジ伊丹空港

パブリックコレクション

東京国立近代美術館、茨城県近代美術館、豊田市美術館、髙島屋史料館、金沢卯辰山工芸工房、
一般社団法人イセ文化基金、ミネアポリス美術館、ボストン美術館、フランス国立ギメ東洋美術館、
フィラデルフィア美術館、ヴィクトリア・アンド・アルバート美術館

totop